・今月の予定表

 

 

 

 

 

 

競技における行射要領

 

甲矢

1番は、間をおかずに行射する。

2〜5番は前の人が、拳を腰にとる頃たち、弦音で行射する。

 

乙矢

甲矢を射終わればキザして矢を番えて立つ (1〜5番)

1番は5番の弦音で取り懸け行射する。

2〜5番は、前の人の弦音で打ち起こし行射する。

 

またメールでのお問い合わせもお待ちしております。

 

戻る!